ここから本文です

上白石萌音、デビュー記念イベントに新海誠からのメッセージ「この人は歌うべき人」

音楽ナタリー 10/4(火) 19:42配信

上白石萌音のメジャーデビューミニアルバム「chouchou」の発売記念イベントが、本日10月4日に東京・池袋サンシャインシティ噴水広場にて実施された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

盛大な拍手で迎えられた上白石は、ステージ中央に立つとアカペラで「On My Own」を歌唱。情感豊かな歌声が噴水広場に響くと、通りすがりの買い物客も足を止めて彼女のパフォーマンスに見入っていた。1曲歌い終えた上白石は「一生に一度のメジャーデビューイベントに来ていただいてありがとうございます。お客さんが来てくれるか不安だったんですけど、こんなにたくさんの方々に集まっていただいて、うれしいです」と挨拶。さらに彼女は「ミニアルバムに入っている歌とはまた違った歌い方で披露します」と話し、サポートギタリストのアコースティックギターの演奏に合わせて「366日」を披露した。

MCで彼女は「歌いながら、夢みたいだなあって思いました。こんなにたくさんの人の前で歌うことができるようになって本当に幸せです」と集まったオーディエンスに感謝の気持ちを伝える。また彼女は「1つ聞いてもいいですか? 『君の名は。』観てくれた人!」と、自身がヒロインの宮水三葉役を演じた映画作品について質問を投げかけ、観客とのコミュニケーションを楽しんでいた。さらに「私の大事な三葉と、大好きな(立花)瀧くんの歌です」という曲紹介から、「君の名は。」の主題歌である「なんでもないや(movie ver.)」を歌唱した。

ミニライブ終了後には上白石へのサプライズとして、映画「君の名は。」の監督である新海誠からのメッセージが贈られた。新海は「萌音ちゃんの歌声を初めて聴いたとき、『この人は歌うべき人なのだ』と。少しの寂しさと共に強く思いました。萌音ちゃんが感じた世界の輝きを、この先もどうか僕たちに伝え続けてください」と彼女の歌声を称賛。上白石は「歌を仕事にしていいのかなって迷いもあったんですけど『歌うべき人だ』って言っていただけると、そう言ってくださる人のためにがんばろうって思います。ありがとうございます」と語り、盛大な拍手と歓声の中、デビュー記念イベントの幕を閉じた。

またイベント中には10月14日(金)にテレビ朝日系で放送される「ミュージックステーション」に上白石が出演することがアナウンスされた。彼女は番組内で「なんでもないや(movie ver.)」を歌唱する。

最終更新:10/4(火) 19:42

音楽ナタリー