ここから本文です

三大学生映画祭のグランプリ作品集結、日本学生映画祭が11月に開催

映画ナタリー 10/4(火) 20:06配信

第6回日本学生映画祭が、11月3日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて開催される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

これは、第29回東京国際映画祭との提携企画として催される上映イベント。東京学生映画祭、TOHOシネマズ学生映画祭、京都国際学生映画祭の三大学生映画祭それぞれのグランプリ作品をスクリーンにかける。京都国際学生映画祭実写部門のグランプリ作品「The Bad Old Us」や、TOHOシネマズ学生映画祭ショートアニメーション部門と東京学生映画祭アニメーション部門の2冠を達成した見里朝希の「あたしだけをみて」など5作品がそろえられた。

第6回日本学生映画祭
2016年11月3日(木・祝)東京都 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
開場 14:25 / 開演 14:45 / 閉演 17:50
料金:大人 1000円 / 学生 500円
<上映作品>
「The Bad Old Us」(第18回京都国際学生映画祭実写部門グランプリ)
「その家の名前」(第18回京都国際学生映画祭アニメーション部門グランプリ)
「トイレハザード~一緒に食べよ~」(第6回TOHOシネマズ学生映画祭ショートフィルム部門グランプリ)
「あたしだけをみて」(第6回TOHOシネマズ学生映画祭ショートアニメーション部門グランプリ、第28回東京学生映画祭アニメーション部門グランプリ)
「お姉ちゃんは鯨」(第28回東京学生映画祭実写部門グランプリ)

最終更新:10/4(火) 20:06

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]