ここから本文です

西川史子 オーラの形が「×」 フリーアナの岡副指摘「ごめんなさいが似合わない」

デイリースポーツ 10/4(火) 22:57配信

 女医でタレントの西川史子が4日、日本テレビ系「さんま御殿3時間SP」(後7・00)に出演し、「オーラが見える」というフリーアナウンサーの岡副麻希(24)から「オーラがバツ」と指摘された。

 岡副アナは「丸いオーラの男性にありがとうって言われたらキュンとする」と、MCの明石家さんまに語った。オーラと言えば黄色や緑と色がイメージされるだけに、さんまをはじめ出演者から「丸いオーラって何?」と質問が飛んだ。

 岡副は「オーラが見えるんです」と言って、スタジオ内のカメラマンを指して「三角」、ほかの男性は「丸」と形で見えることを訴えた。「さんまさんも丸です。とげとげしい方はちょっと怖いです」と付け加えていった。

 さんまがおかずクラブのゆいPを指してどう見えるのか尋ねると、岡副は「丸です。くわばたさんは超丸です」。三原じゅん子は「台形」。「菊間千乃さんはおかあさんの丸」と両手で丸を描いた。さんまが「西川さんは」と尋ねると、岡副は一瞬黙って「…バツ」と答えにくそうに言い放った。

 さんまらが爆笑する中、西川は目をむいて驚き、「バツ?!」と自分でも繰り返した。岡副は「西川先生は、『ごめんなさい』とか『ありがとう』が似合わない。まあ、珍しいんですけど」と話すと、西川は「オーラなんか信じてませんから」と反撃した。

最終更新:10/4(火) 23:17

デイリースポーツ

なぜ今? 首相主導の働き方改革