ここから本文です

小林正樹の生誕100年記念し「切腹」「怪談」など上映、仲代達矢らのトークも

映画ナタリー 10/4(火) 21:01配信

2016年に生誕100年、没後20年を迎えた小林正樹の特集上映が、10月8日から28日にかけて東京・ユーロスペースにて開催される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

特集では、橋本忍が脚本、宮島義勇が撮影、武満徹が音楽を担当した時代劇「切腹」、第18回カンヌ国際映画祭で審査員特別賞に輝いた「怪談」、極東国際軍事裁判のドキュメンタリー「東京裁判」などを上映。ほか、計9時間30分に及ぶ「人間の條件」全6部や、ヴェネツィア国際映画祭で国際映画批評家連盟賞を受賞した「上意討ち 拝領妻始末」もスクリーンにかけられる。

また期間中には、仲代達矢や篠田正浩を迎えたトークショーも実施する。上映スケジュールなどの詳細は劇場公式サイトで確認を。

生誕100年 小林正樹映画祭 反骨の美学
2016年10月8日(土)~28日(金)東京都 ユーロスペース
<上映作品>
「切腹」
「怪談」
「東京裁判」
「人間の條件」※全6部
「上意討ち 拝領妻始末」
「日本の青春」
「息子の青春」ほか
料金:一般 1500円 / 学生 1300円 / シニア、会員 1100円 / 前売り3回券 3300円
※「息子の青春」は800円均一
※「東京裁判」は一般2000円、学生1400円

トークショー
10月8日(土)
「切腹」13:30の回上映後
<ゲスト>
仲代達矢

トークショー
10月16日(日)
「わが映画人生」11:00の回上映後
<ゲスト>
篠田正浩

トークショー
10月16日(日)
「日本の青春」13:45の回上映後
<ゲスト>
武満眞樹(音楽プロデューサー) / 鈴木大介(ギタリスト)

最終更新:10/4(火) 21:01

映画ナタリー

なぜ今? 首相主導の働き方改革