ここから本文です

オオカミに恋愛感情抱く女性描いたドイツ映画12月公開、サンダンス映画祭出品作

映画ナタリー 10/4(火) 21:29配信

2016年のサンダンス映画祭に出品されたドイツ映画「Wild」が「ワイルド わたしの中の獣」の邦題で12月24日より東京・新宿シネマカリテほかにて公開されることが明らかになった。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「バンディッツ」などに出演し、俳優としても活動するニコレッテ・クレビッツが監督を務めた本作は、無機質な毎日を過ごしている女性アニアを主人公にした物語。マンション前の森で見つけた1匹のオオカミに激しく惹かれたアニアは、自分の高層マンションにオオカミを連れ込み、共同生活を開始する。狭い部屋で暴れるオオカミに最初は命の危機を感じていた彼女だったが、次第に心を通わせ、恋人のように愛し始めていく姿を追う。

アニアを演じるのは「アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男」のリリト・シュタンゲンベルク。またアニアの嫌味な上司役を「ファウスト」のゲオルク・フリードリヒ、彼女の妹役を「さよなら、アドルフ」のザスキア・ローゼンダールが担当する。

最終更新:10/4(火) 21:29

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]