ここから本文です

フィンランド映画祭2016開催、ミカ・カウリスマキの新作など5作品上映

映画ナタリー 10/4(火) 22:02配信

「フィンランド映画祭 2016」が、11月4日から8日にかけて東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで開催される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

最新のフィンランド映画をいち早くスクリーンで鑑賞できる同映画祭。オープニング作品に選ばれたのは、ある湖を舞台にしたドキュメンタリー「湖のものがたり」。さらに、キャンプに来ていた若者4人組が殺傷事件に巻き込まれるという、実際に起きた50年以上前の未解決事件をモチーフにした「ボドム」、スウェーデン女王にしてフィンランド大公も務めたクリスティーナの波乱に満ちた人生を描くミカ・カウリスマキ監督作「王となった少女」など全5作品が選出された。

上映後には、来日したスタッフが登壇してティーチインを行う回も。前売り券はムビチケのオンラインショップにて販売中。なお各作品の座席指定券は、10月25日よりチケット販売システムvitにて販売開始となる。上映作品の詳細やスケジュールは、映画祭の公式サイトを確認しよう。

フィンランド映画祭 2016
2016年11月4日(金)~8日(火)東京都 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
料金:1500円均一
※全席指定・各回入替制
<上映作品>
「湖のものがたり」
「ボドム」
「王となった少女」
「朝までの二夜」
「巨山」

最終更新:10/4(火) 22:02

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]