ここから本文です

米倉涼子「大門未知子あっての私」 『ドクターX』制作会見にベイカー茉秋選手も駆けつける

オリコン 10/4(火) 14:06配信

 女優の米倉涼子主演するテレビ朝日系人気ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子』(13日スタート、毎週木曜 後9:00)の制作発表会見が4日、東京・六本木ヒルズの同局内で行われた。米倉をはじめ、西田敏行、岸部一徳、泉ピン子、生瀬勝久、内田有紀らメインキャストが勢ぞろいする中、サプライズゲストとしてリオデジャネイロ五輪柔道男子90キロ級金メダリスト・ベイカー茉秋選手が金色に輝く花束を持って激励に駆けつけた。

【集合ショット】内田有紀、西田敏行ら出演陣が衣装で登場

 米倉は思わず「もっと大きいのかと思っていた。ちょっと触っていい?」とボディタッチ。「やわらか~い」と驚きの声を上げると、西田も泉もご利益にあやかろうと茉秋選手の体をスリスリ。実は、米倉のマネージャーが茉秋選手の顔に似ていると話題になっていたといい、ステージ上にマネージャーが呼び込まれ、2人並んで記念撮影する余興もあった。

 米倉演じる大門未知子の名言「私、失敗しないので」が大好きだという茉秋選手は「『ドクターX』が秋のドラマで金メダルを取れるように応援しています。毎週、観ます」とエールを送っていた。

 2年ぶりに当たり役の大門未知子を演じる米倉は「申し分のない仲間たちの中で、一匹狼を貫いていきたいと思います。最近は、街なかで『米倉涼子だ』と言われるより、『大門未知子だ』と呼ばれることが多い。大門未知子あっての米倉涼子。今後も大事にしていきたい」と思いを込めていた。

 会見にはほかに、勝村政信、滝藤賢一、草刈民代、田中道子、吉田鋼太郎が出席した。

最終更新:10/4(火) 15:23

オリコン