ここから本文です

乃木坂・西野、イタリアでの“ジョジョ立ち”にご満悦「ずっと目標にしてた」

オリコン 10/4(火) 18:35配信

 人気アイドルグループ・乃木坂46の西野七瀬(22)が4日、都内で行われた2nd写真集『風を着替えて』出版記念お渡し会を前に囲み取材に出席した。イタリア・マルタ共和国での撮影を自ら望んだという西野は、自身がファンを公言する人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』第5部の舞台であるイタリアで“ジョジョ立ち”ショットを実現させ「ずっと目標にしていたので、達成することができてうれしい」とご満悦の表情を浮かべた。

【全身ショット】真っ赤なワンピでジョジョ立ちを披露した西野七瀬

 西野は『ジョジョ』の好きなキャラクターとして「主人公のジョルノ・ジョバァーナも好きなんですけど、フーゴかなぁ。パンナコッタ・フーゴです」と紹介。その場でも同写真集でみせた“ジョジョ立ち”を再現して、フラッシュを浴びたが、おなじく『ジョジョ』好きとして知られるオリエンタルラジオの中田敦彦には「キレがすごい。及ばないです」と尊敬の眼差しを送っていた。

 完成した写真集をメンバーには「見せないです。自分から『見て~』とかはしないです」という西野は「あつかましいことはせず、(自分が)いないところで見てほしい」とあくまで控えめ。一方でお気に入りショットとして、ふくろうを肩に載せたショットをあげ「もし爪とかで傷つけられても記念になるからいいやって」と思い切りのよさも垣間見せていた。

 また、先日公式ライバルであるAKB48の島崎遥香が卒業を発表。コメントを求められると「卒業した後も女優さんとして活動されると聞いたので頑張ってほしい」とエールを送っていた。

最終更新:10/4(火) 21:05

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]