ここから本文です

ハイスタ16年半ぶり新作ゲリラ発売 事前プロモ一切なしで配信時代に対抗

オリコン 10/4(火) 13:22配信

 人気ロックバンド・Hi-STANDARDが5日、2000年4月の『LOVE IS A BATTLEFIELD』以来約16年半ぶりとなる4曲入りシングル「ANOTHER STARTING LINE」を発売する。4日にはすでに店頭に並び始め、CDショップで偶然発見したリスナー、ファンからの歓喜の声がSNSを駆け巡っている。

【画像】ハイスタ『AIR JAM2011』ライブの模様

 事前プロモーションは一切なし。いきなり店頭に並べるというサプライズを演出し、情報過多のこの時代に一石を投じてみせた。現時点では音楽配信も通販にも対応しておらず“実際に店頭へ足を運んでもらう”ことが目的の一つとも解釈することもでき、配信時代へのアンチテーゼととることもできそうだ。

 関係者によればイニシャル(初回出荷枚数)はすでに「数十万枚以上」だといい、このあとのさらなるバックオーダーが期待される。なお、一部のCDショップ限定販売ではなく、後日、バンドや流通各社の各公式サイトでCDの販売店一覧が掲載される予定だ。

 この日“たまたま”レコード店を訪れたファンから「ハイスタ、新譜でてるー!」などとSNS上での報告が相次ぎ、発売が次第に知れわたる形となった。16年ぶりのリリース、そして異例の発売方法にネットでは「新譜の出し方が最高にパンク」「告知なしは、ハンパない!」と絶賛と歓喜の声が殺到している。

 Hi-STANDARDは1991年結成。99年に発売したアルバム『MAKING THE ROAD』はインディーズレーベルからの発売にもかかわらず国内外で100万枚以上のセールスを記録したが、2000年8月に活動休止。その後、東日本大震災を受け2011年の『AIR JAM 2011』を期に活動を再開、今年12月23日には福岡 ヤフオク!ドームで『AIR JAM2016』を開催することも決定している。

 メンバーは現時点でSNSなどでの情報発信はなく、ファンの声援に後押しされる形でどのような声明を発表するのか、それともしないのか、こちらも注目される。

Hi-STANDARD「ANOTHER STARTING LINE」収録曲
1 Touch You
2 Another Starting Line
3 Nothing To Lose
4 Rain Forever

最終更新:10/5(水) 8:52

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]