ここから本文です

V6井ノ原、高畑充希と『とと姉ちゃん』トーク 最終回は「しっとりと胸に」

オリコン 10/5(水) 13:26配信

 人気グループ・V6の井ノ原快彦(40)、女優の高畑充希(24)が5日、都内で行われた『簡易生命保険誕生100周年記念イベント』に出席。『あさイチ』でNHK朝の顔を務めている井ノ原と、10月1日に最終回を迎えた朝ドラ『とと姉ちゃん』でヒロインを演じた高畑が共演した。井ノ原は「まだ興奮が残っていて」と謝りながら『とと姉ちゃん』の最終回話に花を咲かせた。

【全身ショット】イエローのワンピで登場した高畑充希

 同社の100周年を花束贈呈で祝福した2人。すると井ノ原が「話変わるけど…」と切り出し、「最後に、とと(ヒロインの父親)に会えてよかったよ。最後に夢で会えて肩の荷が下りて、普通のお姉ちゃんに戻れたんじゃないか」と最終回の感想を述べた。

 高畑は「『とと姉ちゃん』の話になるのは思わなかった…」と驚きながらも、最終回は「すごく夢がかなった。最終回という感じの最終回だった」と回想。井ノ原は「しっとりと胸に落ちてきたよ。ありがとうございます」とヒロインを演じきった高畑をねぎらった。

 井ノ原は10年間“かんぽさん”として同社のCMに出演。高畑が「かんぽさんの響きと、井ノ原さんのふわっとした、やわらかい空気が一致してCMを見るとすごく安心する」と話すと、井ノ原は「とと姉ちゃんに、そう言ってもらえてうれしい」と大喜び。

 また高畑が歌声を披露しているCMについて、井ノ原は「歌が素晴らしい。できれば僕も後ろでいいから踊りたい。かんぽさんだけど踊れる設定でもいいですよね? いいんじゃないかな」とCM共演を提案していた。

最終更新:10/5(水) 13:38

オリコン