ここから本文です

マカオ、双子の赤ちゃんパンダが生後満100日迎える=健健と康康の兄弟

マカオ新聞 10/4(火) 11:05配信

 今年(2016年)6月26日にマカオ・コロアン島の石排灣郊野公園内にあるマカオジャイアントパンダパビリオンで飼育・展示されているつがい、オスの開開(Kai Kai)=7歳とメスの心心(Xin Xin)=9歳に双子のオスの赤ちゃんが誕生してから10月3日でちょうど満100日を迎えた。マカオでパンダの2世が誕生したのは初めてのこと。

 同館を管轄するマカオ政府民政総署(IACM)は同日、マカオジャイアントパビリオンで命名式などの祝賀イベントを開催。双子の名前は8月に実施された市民からの一般公募の結果、「健健(Jian Jian)」と「康康(Kang Kang)」に決定。イベントには名付け親となった市民ら200人が招待され、対面を果たした。

 双子の赤ちゃんパンダは順調に成長しているようだ。誕生時の体重は健健が135グラム、康康が53.8グラムだったが、現在は標準レベルのそれぞれ5キロ、4キロとなり、3対の歯が生えてきたとのこと。また、前方の事物を見ることができる程度に目も開いてきているといい、ハイハイの練習をしている段階という。

 なお、一般公開時期について、IACMでは来年の旧正月(2017年の旧正月の元旦は1月28日)前後になるとの見通しを示している。2~3歳頃までは母親のシンシンと共同生活をさせる考えとのことで、仲睦まじい姿を見ることができそうだ。

 現在、マカオジャイアントパビリオンではカイカイのみの展示となっている。ちなみに、入館料は10パタカ(約130円)で、世界で最も安価でパンダを見学できる施設のひとつとして人気を博している。

最終更新:10/4(火) 11:05

マカオ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

うん、核融合炉を作ったよ
核融合こそ未来のエネルギー問題への答えであり、子どもにだって世界は変えられる、テイラー・ウィルソンはそう信じています。そして彼はそのどちらにも取り組んでいます。14歳の時に家のガレージで核融合炉を作り、17歳となった今、直前の依頼に応えてTEDのステージで自分の物語を(手短に)語っています。