ここから本文です

ジャパンディスプレイがスマホ向け液晶増産。危機はしのげるか

ニュースイッチ 10/4(火) 7:45配信

惑う有機ELへの投資。18年モデル「アイフォーン」は再び液晶に?

 ジャパンディスプレイ(JDI)が、スマートフォン向け液晶パネルを増産する。米アップル、中国スマホメーカーからの受注が急増しているためだ。足元のJDIの資金繰りは厳しいが、受注を捌き切れれば状況は改善する。JDIの真の課題は中長期の戦略をどう描くかにある。有機エレクトロ・ルミネッセンス(EL)パネルの量産に乗り出すのか、それとも優位性のある液晶パネルを進化させるのか-。その経営判断はJDIの命運を左右する。

 アップルのスマホ「iPhone(アイフォーン)」向け液晶パネルなどを手がけるJDIの茂原工場(千葉県茂原市)と能美工場(石川県能美市)は、高水準の稼働を続けている。茂原工場を巡っては「(12月に閉鎖予定の4・5世代の)古い生産ラインまで活用して増産を急いでいる」(業界関係者)。

<「7」好調でアップルが要請>

 理由は大きく2つある。一つ目は、アップルからの受注増だ。同社は9月に新型の「アイフォーン7」を発売した。一つ前の「アイフォーン6S」は16年に入り販売が低迷したため、アップルはアイフォーン7の初期生産数を慎重に見極めていた。しかし、その低めの見積もりの割りには、日米市場などで販売が好調な滑り出しを見せており、JDIなど一部サプライヤーに対し増産を要請した模様だ。

 もう一つの理由は中国スマホを巡る受注動向の変化。スマホ世界3位のファーウェイは、技術志向が強くディスプレーにも高機能パネルを採用するが、「サプライヤーの1社が品質問題を起こし、パネルが足りなくなった」(パネル製造装置メーカー幹部)。このため、すでにファーウェイの主力サプライヤーとして取引実績のあるJDIに受注が流れたようだ。

 またファーウェイに次ぐ世界4位のOPPO(オッポ)からの受注も伸びている。OPPOはディスプレーに有機ELパネルを全面採用する戦略で韓国サムスン電子と取引していたが、「サムスンからの供給が滞った」(同)という。このため方針を転換し、JDIに液晶パネルを発注したという。

<今でも「足元の資金繰りは相当厳しい」>

 「アイフォーン6S」の販売低迷の影響を受け、JDIは2016年3月期に2期連続の最終赤字に沈んだ。16年4-6月期も業績不振は続き、5月末には一時的に運転資金が不足する状況に陥った。今でも「足元の資金繰りは相当厳しい」(業界関係者)が、足元の旺盛な受注を捌き切れれば、数ヶ月後には手元流動性にもある程度余裕ができそうだ。

<有機ELの対応に苦慮>

 ただ今後もJDIの経営の舵取りの難しさは変わらない。最大の課題は有機ELパネルとどう向き合っていくかにある。
 
 有機ELパネルは15年冬にアップルがアイフォーンに採用する意向を示してから脚光を浴びた。同パネルで先行するサムスンや、同じ韓国メのLGディスプレイが巨額の設備投資を決め、日本の素材・材料メーカーも増産や研究開発強化を打ち出した。
 
 JDI、台湾・鴻海精密工業傘下となったシャープも18年以降に量産に乗り出す意向を示した。直近の計画としてJDIは茂原工場に約500億円を投じて試作ラインを17年春に稼働させ、シャープも堺工場(堺市堺区)などに574億円を投じて試作ラインを整備し、2018年4-6月に稼働させる方針を掲げる。

1/2ページ

最終更新:10/4(火) 7:45

ニュースイッチ