ここから本文です

宇多田ヒカル、オリジナル盤では8年半ぶり首位 初週25万枚超売上

MusicVoice 10/4(火) 6:53配信

 音楽活動を再始動させたシンガーソングライターの宇多田ヒカルが、9月28日に発売した6枚目のオリジナルアルバム『Fantome』が発売初週に25万3000枚を売り上げ、10月10日付オリコン週間アルバムランキング(集計期間=9月26日~10月2日)で初登場1位を獲得。2010年11月発売のベスト盤以来5年10カ月ぶり、オリジナル盤としては8年半ぶりの首位となった。

 宇多田のアルバム首位獲得作品数はベスト盤を含み通算8作目。2010年12月6日付において、ベスト盤『Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2』(2010年11月発売)が獲得して以来5年10カ月ぶり。また、今作は8年半ぶりのオリジナル盤となるが、同盤としては『HEART STATION』(2008年3月発売)での2008年3月31日付以来、8年半ぶりの1位獲得となった。

 また宇多田は、アルバム歴代最高売上枚数となる累積767万2000枚(2014年3月発売の『First Love -15th Anniversary Edition-』=最高9位=の売上を含む)を記録している『First Love』(1999年3月発売)から続く「オリジナル盤による1stからの連続1位獲得作品数」も、BoAと並んで女性ソロアーティスト歴代2位タイとなる6作連続とした。ちなみに、同歴代1位は浜崎あゆみの9作連続となる。

 女性ソロアーティストのアルバム作品で今年度(CDランキングの今年度は2015年12月28日付~)最高の初週売上をマークした今作には、映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』(2012年11月公開)のテーマソングとして書き下ろされた「桜流し」、そして、今年4月に配信限定で発表されたNHK朝の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』の主題歌「花束を君に」と、日本テレビ系報道番組『NEWS ZERO』のテーマ曲「真夏の通り雨」を含めた全11曲が収録されている。

最終更新:10/4(火) 6:53

MusicVoice