ここから本文です

かわいさ随所に、通学服19品目販売 菅公学生服とストライプ社共同開発

山陽新聞デジタル 10/4(火) 8:00配信

 菅公学生服(岡山市北区駅元町)とアパレルメーカーのストライプインターナショナル(同幸町)は、共同開発した通学服の一般向け販売を始めた。学校での一括購入が義務付けられていないセーターやコートなどの「自由服」が対象で、菅公が運営する岡山市などの3店と、ストライプ社の通販サイトで売り出している。

 ブランド名は「アースミュージック&エコロジー カンコーレーベル」。カジュアル衣料に強いストライプ社のノウハウを採り入れ、女子中学・高校生向けにデザインした。

 肩にギャザー(ひだ)をあしらったセーター(5400~6480円)、丸襟のシャツ(4320円)、ショート丈のダッフルコート(1万2960円)など計19品目を販売している。

 両社は、4月にパートナーシップ契約を結び、通学服の協業商品を開発。2018年の採用を目指し、学校向けの販売に特化したブレザーやスカートなどの制服も展開する。菅公はデザイン性を高めてシェア拡大を図り、ストライプ社は将来のファン獲得につなげる狙いがある。

 両社は「若い女性が好む、かわいいデザインを随所に採用した。着こなしを楽しめる通学服としてアピールしたい」としている。

最終更新:10/4(火) 8:00

山陽新聞デジタル