ここから本文です

【ブラジル】インド企業10億レアル投資で合意

サンパウロ新聞 10/4(火) 3:47配信

 ブラリオ・マッギ農牧供給相は9月22日、農業化学品分野世界大手のインド企業、UPL社との間で、同社がブラジル国内で農業化学品の工場を建設するとする合意文書に署名した。23日付伯メディアが伝えた。UPL社は工場建設に10億レアル(約300億円)を投じる。マッギ農相は「このような投資は我々の国により多くの収入と雇用をもたらす」と話した。UPL社はすでにサンパウロ州北部イトゥベラーバ市に工場を持ち、大豆やトウモロコシ、綿花、コーヒー、サトウキビ、米などの作物のための農薬を生産している。

サンパウロ新聞

最終更新:10/4(火) 3:47

サンパウロ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

うん、核融合炉を作ったよ
核融合こそ未来のエネルギー問題への答えであり、子どもにだって世界は変えられる、テイラー・ウィルソンはそう信じています。そして彼はそのどちらにも取り組んでいます。14歳の時に家のガレージで核融合炉を作り、17歳となった今、直前の依頼に応えてTEDのステージで自分の物語を(手短に)語っています。