ここから本文です

まさかのミス犯したテア・シュテーゲン、落ち込むことなかれ あのバルサの名手も同じことをしていた

theWORLD(ザ・ワールド) 10/4(火) 10:40配信

蹴ったボールが相手の体に当たるまさかのミス

近年は足元の技術に長けたGKが重宝されるが、GKがボールを持つことには多大なリスクがあることも忘れてはならない。それを改めて証明したのがバルセロナGKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンだ。

テア・シュテーゲンは2日のセルタ戦で味方からのバックパスを受け、冷静にボールをキープ。左からはパブロ・エルナンデスが詰めてきていたが、エルナンデスの頭上を越えるパスを蹴ろうとしたのか、フワリとしたボールを左サイド目がけて蹴った。しかしこれがエルナンデスの体に当たってしまい、そのままゴールに入ってしまった。

テア・シュテーゲンのミスは信じられないレベルのものだが、バルセロナのGKでこうしたミスをした選手は他にもいる。それはあのビクトール・バルデスだ。バルデスは2005年のバレンシア戦で、蹴ったボールがダビド・ビジャの足に当たってそのままゴールに入ってしまうミスを犯している。テア・シュテーゲンと全く同じ類のミスだ。

スペイン『as』もテア・シュテーゲンが初めての存在ではないと伝えており、バルデスはここからバルセロナに欠かせないGKへと成長していった。テア・シュテーゲンもこの経験を活かしてくれることだろう。バルセロナのGKには特に足元の技術が求められるが、こうしたリスクがあることも忘れてはならない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:10/4(火) 10:40

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。