ここから本文です

まさかのミス犯したテア・シュテーゲン、落ち込むことなかれ あのバルサの名手も同じことをしていた

theWORLD(ザ・ワールド) 2016/10/4(火) 10:40配信

蹴ったボールが相手の体に当たるまさかのミス

近年は足元の技術に長けたGKが重宝されるが、GKがボールを持つことには多大なリスクがあることも忘れてはならない。それを改めて証明したのがバルセロナGKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンだ。

テア・シュテーゲンは2日のセルタ戦で味方からのバックパスを受け、冷静にボールをキープ。左からはパブロ・エルナンデスが詰めてきていたが、エルナンデスの頭上を越えるパスを蹴ろうとしたのか、フワリとしたボールを左サイド目がけて蹴った。しかしこれがエルナンデスの体に当たってしまい、そのままゴールに入ってしまった。

テア・シュテーゲンのミスは信じられないレベルのものだが、バルセロナのGKでこうしたミスをした選手は他にもいる。それはあのビクトール・バルデスだ。バルデスは2005年のバレンシア戦で、蹴ったボールがダビド・ビジャの足に当たってそのままゴールに入ってしまうミスを犯している。テア・シュテーゲンと全く同じ類のミスだ。

スペイン『as』もテア・シュテーゲンが初めての存在ではないと伝えており、バルデスはここからバルセロナに欠かせないGKへと成長していった。テア・シュテーゲンもこの経験を活かしてくれることだろう。バルセロナのGKには特に足元の技術が求められるが、こうしたリスクがあることも忘れてはならない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:2016/10/4(火) 10:40

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

Yahoo!ニュース公式アプリ

都道府県ニュース、防災情報もこれひとつ!