ここから本文です

今度のホンダ新型「シビック タイプR」はカタログモデルに!再びFF最速に自信も

オートックワン 10/4(火) 13:06配信

期待度(大)の新型シビック タイプRが早くも2016パリショーで世界初披露された。まずはそのベースとなるシビックからおさらいしてみよう。

ホンダ 新型「シビック タイプR」詳細まで写真でチェック

これまでホンダ・シビックは世界戦略モデルと言いながら、北米向け(セダン/クーペ)、欧州向け(ハッチバック/ツアラー)は、同じシビックの名を冠しているにも関わらず、プラットフォームを含めて全く別のクルマであった。もちろん販売国によって好みの嗜好や要件が異なるのも解るが、好調な北米市場に対して欧州市場は販売規模がそれほど大きくないこともあり、「別々に開発を行なうのではなく、良い物を共用する」という考えに変更。

そこで10代目となるシビックは久々となる“世界統一モデル”として開発が行なわれた。すでに北米向けセダンとクーペは昨年秋に発売を開始し高い評価を得ているが、今回の2016パリモーターショーでは欧州向けのハッチバックの世界初公開が行なわれた。

エクステリアは、フィットの兄貴分と言ってもいいモノフォルムだった従来モデルに対し、全幅は30mm拡大、全高は20mm下げることで、EKシビック以来の久々となるワイド&ロープロポーション。新しいホンダフェイスやエッジを強調させたサイド周りなどは、セダン/クーペと共通だがリア周りは独自のデザイン。

大きく寝かされたリアゲート周りを見ると「4ドアクーペ」と言ってもいいくらい。アグレッシブなデザインは賛否があると思うが、ダイナミックさはプラスされている。サイズはシビックのネーミングから想像するとかなり大きくなったが、現在のCセグメントのスタンダードサイズに収まっている。

一方、インテリアは特徴的だった2段メーターをやめオーソドックスなデザインに変更されているが、質感が大きく引き上げられたのがポイントである。従来モデルは居住性が高く評価されていたが、新型は低重心のドライビングポジションとクラストップレベルの室内空間を両立させた。

それを実現させたのがフィット譲りのセンタータンクレイアウトを採用する欧州地域専用プラットフォームから刷新された「グローバルプラットフォーム」である。車体はねじり剛性は52%アップし、16kgの軽量化を実現。サスペンションはフロント・ストラット/リア・マルチリンクが奢られ、低重心パッケージングも相まって、走りのポテンシャルは大きく引き上げられているそうだ。

パワートレインは欧州初搭載となる1.0リッター(3気筒)/1.5リッター(4気筒)の直噴VTECターボと、1.6リッター直噴ディーゼルターボ「i-DTEC」の3タイプを設定。トランスミッションは6速MTに加え、ガソリンはCVT、ディーゼルは欧州向けCR-Vで採用済みの9速ATとの組み合わせとなっている。

現在、日本ではシビックの販売は行なわれていないが、このモデルより日本発売の再開を発表。現時点ではどのボディ形状が導入されるかは検討中とのことだが、日本でも輸入車を中心にCセグメントのハッチバックの人気の高いことを考えれば、個人的にはハッチバックの導入が最も現実的なような気がしているのだが…。

1/3ページ

最終更新:10/4(火) 20:16

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。