ここから本文です

【MLB】イチロー所属のマーリンズ、ボンズ打撃コーチが1年で退任へ

Full-Count 10/4(火) 7:34配信

米複数メディアが報じる

 イチロー外野手の所属するマーリンズがバリー・ボンズ打撃コーチと来季契約を結ばない方針だと米複数メディアが報じている。

イチローは歴代単独25位…MLB歴代通算安打数ランキング

 ボンズ氏は現役時代にメジャー歴代1位の762本塁打を記録するなど輝かしい成績を残したが、禁止薬物使用疑惑などで2007年のシーズンを最後に事実上、引退。今季マーリンズの打撃コーチとして本格的に球界に復帰していた。だが、地元紙「マイアミ・ヘラルド」のクラーク・スペンサー記者やMLB公式サイトのジョー・フリサロ記者らによると、今季プレーオフ進出を逃したマーリンズはボンズ氏と来季契約を結ばず、レニー・ハリス三塁コーチ、ブルペンコーチのレイド・コーネリアス氏とともに今季限りで退任となるという。

 マーリンズは今季チーム打率.263でリーグ15チーム中2位の好成績だったが、それ以外の打撃成績は低迷。長打率.394は同12位、本塁打数は128本で同14位、得点数も655点で同13位。ジャンカルロ・スタントン外野手、ジャスティン・ボーア内野手らの負傷離脱も痛手となり、ボンズ氏の打撃コーチ就任の効果は数字に明確に表れなかった。今季メジャー通算3000本安打を記録したイチローとの“師弟関係”もわずか1年で終了となった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:10/4(火) 8:13

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています