ここから本文です

カンタス航空が民泊「Airbnb」と提携、サイト内の宿泊予約で民泊表示、宿泊料金1ドルあたり1会員ポイント提供

トラベルボイス 10/4(火) 18:04配信

カンタス航空(QF)は2016年10月4日(シドニー時間)、Airbnbとの業務提携を発表した。カンタス航空のウェブサイトからAirbnbを予約すると、1140万人の会員が利用するカンタスの会員プログラム「フリークエントフライヤーポイント」を取得できるもの。

【写真・動画】カンタス航空が民泊「Airbnb」と提携

ポイント蓄積レートはAirbnbの料金1ドルあたり1ポイント。予約時にはカンタス航空(http://www.qantas.com/)内の「Hotels and Airbnb」から予約する必要がある。民泊予約をサイトで連携する事例は、2014年にKLMオランダ航空がスタート。ポイント制度での航空会社との連携は、カンタス航空がが世界初だという。

カンタス航空は今回の提携について、「デジタル・テクノロジー事業の革新を視野におくパートナーシップの新たなステップ」だと表現。現在、顧客の多くが宿泊先としてホテル同様にAirbnbを利用していることに言及し、今後も独自性のある旅行体験を提供していく考え。

トラベルボイス編集部

最終更新:10/4(火) 20:04

トラベルボイス