ここから本文です

猛烈な台風18号 あすから6日にかけて本州へ

ウェザーマップ 2016/10/4(火) 6:11配信

 猛烈な台風18号は、沖縄から次第に離れるが、沖縄本島地方では強い風や波の高い状態が続く見込み。台風は北上を続け、今夜には九州に近づき、あす5日(水)から6日(木)にかけては本州に影響が出るおそれがある。今後も最新の台風情報に注意が必要だ。

台風18号 今夜~あすにかけて西日本へ

 台風18号は午前6時現在、沖縄県久米島付近を北上している。沖縄気象台は4日午前5時半過ぎ、発表されていた沖縄本島地方の特別警報をすべて解除したが、引き続き沖縄本島地方は強風や高波に警戒・注意が必要となる。台風18号は今後東シナ海を北上し、今夜には九州の西へ進む見込み。その後、進路を東寄りに変え、暴風域を伴ったままあすにかけて日本海を進み、西日本から東日本に接近する予想だ。

北海道 引き続き暴風・高波に警戒

 前線を伴った低気圧が北海道付近にあり、北海道を中心に風が強く吹いている。低気圧は今夜には千島近海へ進むが、今夜遅くにかけて、北海道では暴風が吹くおそれがある。特に日本海側北部と太平洋側東部では、予想されている最大瞬間風速は35メートルとなっている。引き続き、暴風・高波に警戒が必要だ。

関東から西 蒸し暑い

 日本海に中心を持つ高気圧に次第に覆われ、広い範囲で晴れ間が出て、気温が高くなる見込み。気温は関東から西の地域では、30℃以上の真夏日になる所が多い。東京は30℃と真夏並みの気温で、10月としては記録的な暑さになる予想だ。熱中症に警戒が必要となる。

最終更新:2016/10/4(火) 6:11

ウェザーマップ