ここから本文です

トヨタ、小型会話ロボ「キロボミニ」販売へ 1体3万9800円

AFPBB News 10/4(火) 10:48配信

(c)AFPBB News

【10月4日 AFP】トヨタ自動車(Toyota Motor)は3日、小型の対話型ロボット「キロボミニ(KIROBO mini)」を来年から全国で発売すると発表した。

 大きくて愛らしい目が特徴のキロボミニは、宇宙飛行士の若田光一(Koichi Wakata)さんらと世界で初めて宇宙で会話実験を行ったロボット「キロボ(KIROBO)」を小型化したもので、全長はおよそ10センチメートル。価格は3万9800円(税抜き)。トヨタ自動車によると、キロボミニは人との簡単な会話が可能で、人の感情にも反応を示すという。また自動車テクノロジーの発展に役立つことも期待されている。

 キロボミニは、今月7日まで千葉県の幕張メッセ(Makuhari Messe)で開催されるアジア最大のエレクトロニクス国際見本市、「シーテックジャパン(CEATEC JAPAN)」で4日から展示されている。9月27日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:10/5(水) 7:57

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。