ここから本文です

ソニー史上最高のノイズキャンセリング性能を誇るBluetoothヘッドホン「MDR-1000X」

Stereo Sound ONLINE 10/4(火) 13:00配信

ワイヤレスでもハイレゾ相当の高音質を実現

 ソニーより、ノイズキャンセリング対応のBluetoothヘッドホン「MDR-1000X」が10月29日に発売される。オープン価格で、想定市場価格は¥40000前後。カラーはブラックとグレーベージュの2色。

 本機は「ワイヤレスでもハイレゾ相当の高音質を楽しめる」ことを目標に掲げて開発された、同社Bluetoothヘッドホンのフラッグシップモデルだ。

 本体内に圧縮音源等をハイレゾ相当にアップスケーリングするDSEE HXを内蔵したほか、リニアPCM 96kHz/24bitまでのハイレゾ相当の伝送が可能なBluetoothコーデックLDACを採用。さらにソニー独自のデジタルアンプS-Master HXを搭載し、音源のディテイルを忠実に再現することを狙っている。もちろん有線接続にも対応しており、導体に銀コートOFCを用いたケーブルも付属する。

 新開発の40mm径HDドライバーユニットは、アルミコートを施したLCP(液晶ポリマー)振動板により高域再現性をアップし、全帯域でフラットで色付けのないサウンドを得られたとしている。また、感度を高めることでノイズキャンセリング性能の向上にも寄与しているという。再生周波数帯域は4Hz~40kHz。

 装着性にもこだわっており、新開発のイヤーパッド表面は、蒸れにくい素材を用いているほか、縫い目が頭に触れないよう配慮されている。この構造は遮音性アップにもつながっているそうだ。また、ヘッドバンドは軽量化のために構造を見直し、肉薄な部品やヒンジを新規開発している。

 R側のハウジングにはタッチセンサーを搭載しており、ダブルタップやスワイプで再生/停止、曲送り/戻し、音量調整、ハンズフリー通話/終話等がコントロールできる。

 Bluetooth Ver.4.1に準拠し、プロファイルはA2DP、AVRCP、HFP、HSP。コーデックはSBC/AAC/aptXに加えて、前述のLDACに対応している。

 内蔵バッテリーは約4時間の充電で、約20時間(ノイズキャンセリングON時)の再生が可能だ。

1/2ページ

最終更新:10/4(火) 14:01

Stereo Sound ONLINE