ここから本文です

【映像】パンダ柄 中国初の国産モノレール、走行試験開始

アフロ 10/4(火) 15:54配信

 中国初の国産「懸垂式モノレール」の車両が9月30日、四川省成都市の走行試験用レールに設置され、走行試験が始まった。走行試験ではカーブや勾配などのへの安定性や安全性が確認される。
 
 中国メディアによると「中国中車南京浦鎮車輌有限公司」が製造するモノレールの車両は、地上9メートルの高さを走行し、総重量約22トン、1車両定員は120人。蓄電池で送電し、運行時速は65キロ、最長4時間の連続運転が可能。
 懸垂式モノレールの建設費は地下鉄の5分の1と安く、小回りが利くため観光地や地形が複雑な山間部などで活躍が期待できる。
 中国がドイツ、日本に次ぐ世界3番目の懸垂式モノレール生産国となった。
 モノレールは、2017年から徐々に運用を開始する予定。

(中国、四川省成都市 撮影:9月30日 映像:Newsflare/アフロ)

最終更新:10/4(火) 16:11

アフロ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。