ここから本文です

マンガ家・東村アキコ 「あえて今、カルロス・トシキ&オメガトライブ」

TOKYO FM+ 10/4(火) 11:59配信

今年9月末に発売し、即重版となった書籍「即席ビジンのつくりかた」も話題。来年1月に吉高由里子さん主演でドラマ化が決定した「東京タラレバ娘」の作者でもある人気マンガ家の東村アキコさんが、TOKYO FMの番組に出演。仕事中のコーヒーへのこだわりと、大好きな3曲を紹介してくれました。


マンガ家の東村アキコさんのこだわりは「誰かにコーヒーを入れてもらうこと」。お仕事中はアシスタントさんを指名して、コーヒーを入れてもらうのだそうですが、それには理由があるそうです。

「私は仕事で、マンガの原稿を家でガリガリガリガリずっと描いているんですけど、コーヒーを常に飲んでいないと描けないんです。そこでこだわりがあるんですけど、それは味とか豆がどうのとかではなく、絶対に人に入れてもらうんです。アシスタントに『ゆりさん、コーヒー入れて~!』とか、名指しで指名して強制的にコーヒーを入れろと命ずるんです。もちろん自分で入れることもできるんですけど、自分が入れたコーヒーだと仕事がはかどらないんです。人に入れてもらったプレッシャーによって、『ああ、描かなきゃ!』と自分の気持ちを持っていく。自分で入れると、お菓子食べ始めちゃって、ぜんぜん原稿やんなくなっちゃうんですよね(笑)。これが私のこだわりですね」

そんな東村アキコさんがランチタイムに選んでくれたのは、ご自身が大好きだというお気に入りの3曲です。

◆「Crystal Night」(1986オメガトライブ/カルロス・トシキ&オメガトライブ)
「あえて今、なぜこの曲を選んだかというと、私、小学生くらいにオメガトライブに絶大な信頼を置いてまして。まず、オメガの曲に外れナシという格言が私にはあるんですけど、小学4、5年生のときにカルロス・トシキさんの曲を聴いて『なんというハイトーンボイス!』と思って。歌がうまいのって、声が高いってことでしょ、けっきょく(笑)。声の高さがすげえ!みたいな感じで、選んだ曲です」

◆「プラスティック・ラブ」(竹内まりや)
「私がカラオケで必ず1発目に歌う曲です。どうですか、この曲、神曲じゃないですか? 私、九州の宮崎出身なんですけど、これぞ東京というか都会というか、憧れの東京ライフ!という曲です」

◆「Shining Star」(2PM)
「私が今、世界で一番大好きなK-POPアイドルの2PMの、私が一番愛しているチャンソン君が作曲したアルバム曲です。ぜひみなさんに紹介したくって。ほっこりしたでしょ、癒やされましたよね? ぜひぜひ2PMのアルバム、聴いてください」

「ママはテンパリスト」「海月姫」「主に泣いてます」「かくかくしかじか」など、数々のヒット作を生み出している人気マンガ家の東村アキコさん。来年1月には吉高由里子さん主演で「東京タラレバ娘」のドラマ化も決定しています。美人マンガ家としても知られる東村さんによる、雑誌「VOCE」の連載をまとめた美容レポ本「即席ビジンのつくりかた」も大好評発売中。東村ファンはもちろん、美容好きは必見の一冊となっています。東村アキコさんの最新情報は、「東村アキコ(告知用)」Twitterなどでご確認ください。


(東村アキコさんは、2016年10月3日月曜日、TOKYO FM「LOVE CONNECTION」のコーナー「STARBUCKS MUSIC BARISTA」に出演しました)

最終更新:10/4(火) 11:59

TOKYO FM+