ここから本文です

4か国9球団を渡り歩いた男 元甲子園V左腕が今も駆られる思いとは

Full-Count 10/4(火) 9:41配信

流浪の野球人生歩む正田樹の野球道

 日本、台湾、アメリカ、ドミニカ共和国。春キャンプやウィンターリーグも含めたら、実に4カ国9チームを渡り歩いた。何の因果で、流浪の野球人生を歩むことになったのか。人との出会いに導かれるまま、野球が好きという自分の気持ちに素直に従った結果だった。

各球団発表、2016年ここまでの引退、戦力外選手一覧

 1999年、夏の甲子園。桐生第一高校を群馬県初の優勝チームに導いたエース正田樹(元日本ハム)は、34歳を迎えた今、四国アイランドリーグplusの愛媛マンダリンパイレーツでマウンドに上がり続けている。甲子園優勝からドラフト1位。華やかな舞台を経験した左腕は、その後「いわゆる挫折」も経てもなお、現役としてユニフォームを着続ける。愛媛では、10歳以上も若いチームメートと共に勝利を目指して戦う毎日。どうして、そこまでして野球を続けるのか――。答えは簡単。「野球が好きだから」。そして、独立リーグにも「たまらない緊張感、真剣勝負があるから」だ。

 野球の魅力に取り憑かれた人は多いが、正田はかなり“重症”な部類に入る。もちろん、これは最大級の褒め言葉。一般的にも、ここまで夢中になれる何かと巡り会える人は、そう多くないだろう。「シーズンが終わりに近づくと、年齢のことを考えたり、次のことを考えたりもするんですけど、野球をプレーしている時は、正直それも忘れられる。いろいろなものを捨てられるっていうか、夢中になっていられるもの。それが野球なんですよね」と話す口調や表情は、驚くほど穏やかだ。

 野球では、酸いも甘いも経験した。甲子園で優勝した1999年、ドラフト1位指名で日本ハムに入団。1年目で1軍デビューを果たすと、2年目には新人王を獲得した。だが、3年目以降は思うような成績を残せず。2007年に阪神にトレードされたが、2年で戦力外通告を受け、ここから流浪の野球生活が始まる。台湾、ドミニカ共和国、アメリカ、新潟、ヤクルト、台湾、愛媛。国やリーグのレベルは違えど、野球は野球。「やっぱり、真剣勝負で味わう緊張感ってたまらないんですよね」と、屈託ない笑顔を見せる。

「どこでプレーするにしても自分次第。自分の持っているものをしっかり出せれば成績を残せるし、独立リーグでも調子が悪かったり、何か1つでも準備が不足すれば足元をすくわれる。万全であってもやられることもありますし。そういった意味で、どこでも変わらない真剣勝負がありますね」

1/4ページ

最終更新:10/4(火) 10:08

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています