ここから本文です

群馬県で33.7℃ 東京都心も10月としては37年ぶりの暑さ

ウェザーマップ 10/4(火) 13:25配信

 暖かな空気が流れ込んでいる影響や、山越えの風が吹き降りるなどして、4日はほぼ全国的に気温が平年を上回った。東北南部や関東、九州などで30℃以上の真夏日となった所があり、時期外れの暑さや日差しの強さに、眉をしかめて歩く人の姿も見られた。

 午後1時までの最高気温は、館林市(群馬)33.7℃、水俣市(熊本)32.9℃、熊谷市32.3℃、東京都心32.0℃、千葉市31.5℃など。このうち、館林市や水俣市、千葉市は10月としては統計開始以来、最も高くなった。また、東京都心で10月に気温が32℃台まで上がったのは37年ぶり。
 
 あす5日は東海の一部や西日本で30℃前後の蒸し暑さが続くが、関東の最高気温は24℃~27℃くらいとなりそうだ。6日(木)も、西・東日本はまだ平年より気温が高いが、7日(金)以降三連休にかけては平年並みか、むしろ低くなる予想。この先、気温変化が大きいため、体調管理等に注意が必要となる。

最終更新:10/4(火) 13:37

ウェザーマップ

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。