ここから本文です

プリウス不人気でも新型「プリウスPHV」には市場期待が高まる理由

オートックワン 10/4(火) 19:51配信

プリウスのプラグインハイブリッド車、「プリウスPHV」が今冬に発売される。日本仕様は今年6月に公開され、当初は今秋の発売を予定していた。だが、「諸般の事情」により、発売時期が延期された。

電動車開発で遅れをとったトヨタが本気で作った新型「プリウスPHV」写真でチェック

先代である三代目「プリウス」の「プリウスPHV」は2009年末から2012年初頭まで、約2年間に渡って日本市場では販売されており、今回の新型は約5年ぶりの市場復帰となる。自動車業界関係者のなかにも「自分自身の次のクルマ候補の1台」として、その名を挙げる人が多いなど、市場から大きな期待が寄せられているクルマだ。

見た目にも、通常の「プリウス」に比べると、ボディ各部の加飾が華やかで、特にリアコンビライトの形状が大きく違うことで「プリウス」とは全く違うクルマに見える。ルーフの太陽光パネルのインパクトも大きい。さらにインテリアでは、テスラ「モデルS」を意識したような、縦型の大型のHMI(ヒューマン・マシン・インターフェイス)が目立つ。

今回の新型プリウスPHVが、新型プリウスと比べて、こうしたパッと見で「明らかな違い」を強調しているのは、先代で「普通のプリウスとの明確な違いが分かりにくい」という市場の声を反映したからだ。

時計の針を少し戻すと、いまから7年前の2009年後半。一般向け発売を前に、筆者はトヨタ東京本社が所有する先代「プリウスPHV」の広報車両を借り、首都圏周辺を数日間に渡ってじっくりと走った。

その時の印象は、

1)「クルマがかなり重く感じる」

2)「充電用のケーブルが太く重くて、扱いにくい」

3)「どうしてもこれを買いたいと思える、動機がない」

というものだった。

さらに、この2009年後半は、EVブームの真っ最中。日産「リーフ」の販売を機に、メディアでも次世代自動車に関する報道は、EV一色。大学発進のベンチャーや、地方の多業種からの参入も相次ぎ、EVへの関心が一気に高まった時期だ。

そうしたなか、電動車の仲間であるプラグインハイブリッド車は「EVへの進化の途中」といったスタンスで、世の中から「中途半端なクルマ」に見られてしまった。その結果、日本市場で「プリウスPHV」は短命に終わった。

それから約5年が経った2016年後半、日本市場は「EVブームは遠い過去」といった感じだ。プラグインハイブリッドについては、三菱「アウトランダーPHEV」が新たなる顧客を獲得し、欧州勢ではBMWやVWがラインアップを増強して日本市場に参入してきた。EVブームが去ったことで、ハイブリッド、プラグインハイブリッド、EVという電動車の正常進化の順序が明確になった印象だ。

プラグインハイブリッド市場の足固めができた今、プラグインハイブリッドの本命ともいうべき「プリウスPHV」への期待が高まるのは当然だ。

1/2ページ

最終更新:10/4(火) 19:51

オートックワン

なぜ今? 首相主導の働き方改革