ここから本文です

<酒々井切断遺体>姉を殺人容疑で再逮捕

千葉日報オンライン 10/4(火) 18:55配信

 千葉県酒々井町上本佐倉1の民家で、この家に住む弟で老人福祉施設職員、竹内諒さん(21)が切断された遺体で見つかった事件で、佐倉署特別捜査班は4日、諒さんに対する殺人容疑で姉の竹内愛美容疑者(25)=死体損壊・遺棄容疑で逮捕=を再逮捕した。

 再逮捕容疑は8月31日昼前後から夕方までの間、自宅で、諒さんを包丁で刺すなどして殺害した疑い。

 特捜班によると、竹内容疑者は自宅で諒さんを殺害したことについて「間違いない」などと容疑を認めているという。

 特捜班は包丁やのこぎりなど複数の刃物を押収。犯行に使用された刃物の特定を急ぐとともに、殺害動機などを追及している。殺害は計画的ではなく、背景にはきょうだい間のトラブルがあるとみられる。

 一方、千葉地検は同日、竹内容疑者の死体損壊・遺棄容疑についての処分を保留とした。

最終更新:10/4(火) 18:55

千葉日報オンライン