ここから本文です

第6シードキリオス、ハリソンにストレート勝ち 2年連続初戦突破<男子テニス>

tennis365.net 10/4(火) 15:00配信

楽天ジャパン・オープン

男子テニスの楽天ジャパン・オープン(東京/有明コロシアム、ハード、ATP500)は大会2日目の4日、シングルス1回戦が行われ、第6シードのN・キリオス(オーストラリア)が世界ランク107位のR・ハリソン(アメリカ)に7-5, 6-2のストレートで勝利し、2年連続の初戦突破を果たした。

第1セット、互いにサービスキープが続くも、キリオスが2度のブレークチャンスを活かし1度ブレークして、ゲームカウント7-5で先取する。

第2セットは序盤からキリオスが主導権を握る。第5・第7ゲームでブレークに成功し、自身は1度もブレークチャンスを与えずストレートで勝利した。

両者は今回が初の対戦だった。

また、この試合の第1セットの第8ゲーム途中で観客が階段を踏み外して倒れるアクシデントが発生。

試合は約10分間中断し、観客席へキリオスがペットボトルの水を渡すと、観客から拍手を受けた。

21歳のキリオスは、今年2月のオープン13(フランス/マルセイユ、ハード、ATP250)でツアー初優勝、8月のアトランタ・オープン(アメリカ/アトランタ、ハード、ATP250)では2勝目をあげた。

2回戦では予選から勝ち上がったR・シュティエパネック(チェコ共和国)と対戦する。

両者は今回が3度目の対戦で、キリオスの2連勝中。

tennis365.net

最終更新:10/4(火) 15:00

tennis365.net

なぜ今? 首相主導の働き方改革