ここから本文です

ゲス川谷絵音の活動自粛報道で、小倉智昭「“両成敗”とはいかない」

E-TALENTBANK 10/4(火) 17:22配信

4日放送のフジテレビ系「とくダネ!」で笠井信輔アナウンサーとMCの小倉智昭がゲスの極み乙女。ボーカル・川谷絵音についてコメントした。

先月末、indigo la Endとゲスの極み乙女。の2バンドでボーカルを務める川谷とタレント・ほのかりんの飲酒デートが週刊誌に取り上げられた。この“飲酒デート”当時未成年だったほのかりんは、出演番組や出演予定の舞台を降板することとなった。

この事態を受け、川谷も昨日3日に自身のウェブサイトに「『ゲスの極み乙女。』および『indigo la End』活動自粛のお知らせ」を掲載し、現在案内している公演の終了後に川谷の所属する両バンドの活動を自粛すると発表した。

このお知らせには川谷の「ゲスの極み乙女。、indigo la Endの音楽を楽しみに待ってくれているファンの皆様には本当に申し訳ない気持ちで一杯です。 心よりお詫び申し上げます。」という言葉が掲載されている。

年内に予定している12公演を終えてから活動自粛に入るとの発表に、笠井アナは「チケット発売してないライブもやってから自粛しますよというのは、正しく言えばこれは12月からの休養・活動停止という言葉に置き換えた方がと思うんですが」とコメントした。

小倉は「どうなんだろうね。なかなか歌みたいに『両成敗』って(わけには)いかないけどね。まぁ本人に聞いてみないと分からないでしょうね」と、ゲスの極み乙女。が今年1月リリースしたアルバム「両成敗」のタイトルに引っ掛けてコメントし、話題を締めくくっていた。

最終更新:10/4(火) 17:22

E-TALENTBANK