ここから本文です

サンティラン晶/ 綿貫陽介組 ストレート負けでベスト8ならず<男子テニス>

tennis365.net 10/4(火) 15:28配信

楽天ジャパン・オープン

男子テニスの楽天ジャパン・オープン(東京/有明コロシアム、ハード、ATP500)は大会2日目の4日、ダブルス1回戦が行われ、ワイルドカードで出場のサンティラン晶(日本)/ 綿貫陽介(日本)組はT・ベルディヒ(チェコ共和国)/ R・シュティエパネック(チェコ共和国)組に2-6, 2-6のストレートで敗れ、ベスト8進出とはならなかった。

第1セット、サンティラン/ 綿貫組は2度ブレークを許し、ゲームカウント2-6でこのセットを落とす。

続く第2セットもペースを掴めず、ストレートで敗退。サンティラン/ 綿貫組は4度のブレークチャンスをものにすることができなかった。

勝利したベルディヒ/ シュティエパネック組は、準々決勝でN・モンロー(アメリカ)/ A・シタク(ニュージーランド)組とR・クラーセン(南アフリカ)/ R・ラム(アメリカ)組の勝者と対戦する。

サンティランと綿貫は同大会のシングルス予選にも出場していたが、いずれも敗れて本戦出場はならなかった。

日本勢はサンティラン、綿貫の他に第1シードの錦織圭(日本)、ダニエル太郎(日本)、西岡良仁(日本)、杉田祐一(日本)、添田豪(日本)が本戦に出場。大会初日の3日に行われた1回戦で第1シードの錦織はD・ヤング(アメリカ)に逆転勝利、予選勝者の添田はF・ベルダスコ(スペイン)にフルセットで敗れた。

tennis365.net

最終更新:10/4(火) 15:28

tennis365.net