ここから本文です

ネット上で物議 寿司屋でシャリだけ残す「ダイエット女子」が増殖中

AbemaTIMES 10/4(火) 19:58配信

(C)AbemaTV

昨今、とある「行動」がネット上で物議を醸している。それが糖質ダイエットを理由にして寿司屋に行って、頑なにシャリを食べない女性。ネット上では残されたシャリが皿の上に山積みになった写真が投稿され、賛否両論を呼んでいる。

それに対して「寿司屋に行くなよ。刺し身食ってろ」「こんな人とは恥ずかしくて外出できない」という否定的な意見が見られた。

一方、「おカネを払って寿司を買っているわけだから残そうが食べようが勝手だ」や「店としては皿数が増えて願ったりかなったりなのでは?」といった意見も散見された。

とは言え、糖質ダイエット中でもどうしても寿司を食べたいという女性や、そもそも少食な人がいることも事実。そういう人たちに向けて「シャリ少なめ」という調節ができていいのでは?という妥協案を提案する人もいる。

日本の伝統的な料理である「寿司」はどうあるべきか、という議論にまで発展したこの話題。今後に注目だ。

最終更新:10/4(火) 19:58

AbemaTIMES

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。