ここから本文です

バルセロナMFラキティッチ、惨敗したセルタ戦欠場の理由 クロアチア代表監督「新たな問題は……」

theWORLD(ザ・ワールド) 10/4(火) 16:30配信

アキレス腱を負傷

バルセロナはリーガ・エスパニョーラ第7節でセルタに3-4で敗れた。バルセロナは2シーズン続けてセルタの本拠地バライードスで4失点して敗れたが、地元紙がスタメン入りを予想したクロアチア代表MFイバン・ラキティッチには出場機会がなかった。

その理由をクロアチア代表指揮官アンテ・チャチッチが明かしている。「(ルカ・)モドリッチは手術をしたが不在。(デヤン・)ロヴレンも欠場する。そして新たな問題はラキティッチだ。彼はアキレス腱の負傷から日曜日の試合(セルタ戦)でプレイできなかった」語り、ラキティッチは代表チームに帯同しないという。スペイン『MARCA』が伝えた。

クロアチア代表はロシアワールドカップ欧州予選で6日にコソボと、9日にフィンランドと対戦する予定となっており、ラキティッチの代役にはディナモ・ザグレブのMFドマゴフ・アントリッチが追加招集されている。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:10/4(火) 16:30

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報