ここから本文です

ダニエル太郎は初戦敗退、元世界8位ティプサレビッチにストレート負け<男子テニス>

tennis365.net 10/4(火) 20:20配信

楽天ジャパン・オープン

男子テニスの楽天ジャパン・オープン(東京/有明コロシアム、ハード、ATP500)は大会2日目の4日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク91位のダニエル太郎(日本)は元世界ランク8位のJ・ティプサレビッチ(セルビア)に2-6, 4-6のストレートで敗れ、初の2回戦進出とはならなかった。

第1セット、第2ゲームで先にブレークを許したダニエル太郎は3ゲームを連取される。第4ゲームでようやくサービスキープに成功するが、ティプサレビッチの安定したストロークを崩すことができず、ゲームカウント2-6でこのセットを落とす。

第2セット、ダニエル太郎は単調なミスが増え始めるが粘りを見せ、第4ゲームでは0-40から自身のサービスゲームを死守する。ゲームカウント4-4で迎えた第9ゲーム、ダニエル太郎は2度のブレークチャンスを握るも、ものにすることができない。

迎えた第10ゲーム、最後はダニエル太郎のフォアハンドがネットにかかり、ストレートで敗退となった。

両者は今回が初の対戦だった。

これまでツアー4度の優勝を誇るティプサレビッチは、2012年に自己最高の世界ランク8位を記録したが、現在は怪我の影響で173位にランキングを落としている。

また先週のシンセン・オープン(中国/シンセン、ハード、ATP250)では4強入りの活躍を見せた。

2回戦では第7シードのI・カルロビッチ(クロアチア)と対戦する。

両者は今回が3度目の対戦で、1勝1敗。

日本勢からはダニエル太郎の他に第1シードの錦織圭(日本)、西岡良仁(日本)、杉田祐一(日本)、添田豪(日本)が本戦に出場。同日行われたシングルス1回戦で西岡は第5シードのD・ゴファン(ベルギー)にストレート負け、杉田も第2シードのG・モンフィス(フランス)に完敗した。

また、大会初日の3日に行われたシングルス1回戦で錦織はD・ヤング(アメリカ)に逆転勝利、予選勝者の添田はF・ベルダスコ(スペイン)にフルセットで敗れていた。

tennis365.net

最終更新:10/4(火) 20:20

tennis365.net