ここから本文です

バルセロナからユヴェントス行きの流れ加速!? 今冬、最優先のターゲットはラキティッチ

theWORLD(ザ・ワールド) 2016/10/4(火) 17:10配信

ポグバを放出し中盤を必要とするユーヴェ

ユヴェントスは今冬、移籍市場での最優先ターゲットとしてバルセロナのクロアチア代表MFイバン・ラキティッチに狙い定めているようだ。

今夏ユヴェントスはフランス代表MFポール・ポグバをマンチェスター・ユナイテッドに放出。新たな中盤の選手が不可欠だと考えており、ラキティッチの補強が目標だとイタリア『ilsussidiario.net』が強調している。バルセロナはこの夏、デニス・スアレスとアンドレ・ゴメスが加入。インテリオールの位置にはラキティッチを含め、イニエスタ、アルダ、セルジ・ロベルト、ラフィーニャと、2つしかないポジションに7選手を抱える状況に陥っており、ラキティッチはローテーション起用でベンチを温める時間が増えている。

この夏、ユヴェントスにはバルセロナからDFダニエウ・アウベスが加入。またDFハビエル・マスチェラーノの獲得も以前から噂されていた。果たして今後、バルセロナからユヴェントスに移籍する流れが加速するのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:2016/10/4(火) 17:10

theWORLD(ザ・ワールド)