ここから本文です

シリアの結婚式で自爆攻撃、22人死亡 NGO

AFPBB News 10/4(火) 16:19配信

(c)AFPBB News

【10月4日 AFP】シリア北東部ハサカ(Hasakeh)県で3日、結婚式を標的にした自爆攻撃が発生し、少なくとも22人が死亡した。在英のNGO「シリア人権監視団(Syrian Observatory for Human Rights)」と医療関係者らが明らかにした。

 監視団のラミ・アブドル・ラフマン(Rami Abdel Rahman)代表はAFPに対し、「テルタウィール(Tall Tawil)村の集会所で行われていたシリア民主軍(SDF)のメンバーの結婚式で、自爆攻撃が発生した」と明かした。

 SDFは、シリア北部でイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」と戦っているアラブ人とクルド人の合同部隊。ラフマン氏によれば、この攻撃により新郎も死亡した。

 ハサカ市の病院関係者はAFPに、「20人以上死亡、数十人が負傷した」と語った。クルド人がほぼ全域を掌握している同市は、頻繁にISによる攻撃の標的となっている。映像はカーミシュリー(Qamishli)の病院に搬送される負傷者ら。(c)AFPBB News

最終更新:10/4(火) 16:19

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。