ここから本文です

坂上忍とヒロミ、ゲス川谷の才能を認めつつ「ツアー終わってから…普通じゃん」

MusicVoice 10/4(火) 15:12配信

 未成年者との飲酒で活動自粛を発表したゲスの極み乙女。川谷絵音について、俳優の坂上忍とお笑いタレントのヒロミが、川谷の才能を評価しつつも、活動自粛に入る時期をめぐり、苦言を呈した。

 4日にフジテレビ系で放送された『バイキング』では、未成年者との飲酒が発覚した川谷絵音と、ライブ活動の自粛を発表した「ゲスの極み乙女。」、「indigo la End」の両バンドを取り上げた。

 坂上は前日の放送でも、川谷を「下げチン王子」と独特の表現で切り捨てたが、この日も「ただ単に“下げチン王子”と言っただけで…。だって皆、下がっていっちゃんだもん」とバッサリ。更に「擁護するわけではないけど、事務所の対応ね」「自分で決め過ぎちゃうから事務所が対応できないのでは」と持論を展開した。

 一方のヒロミは、活動自粛に入る時期を指摘。12月3日のゲスの極み乙女。のツアーが終わってから自粛に入ることに、「ツアー全部終わってから休みますってアーティストでは普通じゃん」、「12月までツアーがあるんだよ。いま休止するんだったら反省しているんだなと思うけど、12月までやって、そこから休止ってなんか、アーティストによくある話」と苦言を呈した。

 坂上もヒロミの意見に同調。「ツアーとしては完結してから休止する。休止している間は曲を作っていればいいんでしょ」と釘を刺した。

 その一方で、坂上は「曲作りの才能は(ある)。(私はゲスの極み乙女。の曲が)好きだっただから」、ヒロミも「えらい買ってたから」と語り、川谷の音楽的センスや才能を評価した。

 ヒロミは、川谷とベッキーの不倫騒動の際にも、フジテレビ系『ワイドナショー』で川谷の行動を批判。その反面、「俺は結構、この人たち好きで、歌を買っていたりしたから」と話していた。

最終更新:10/4(火) 15:12

MusicVoice