ここから本文です

【ブラジル】伯コンサルを買収 電通

サンパウロ新聞 10/4(火) 4:34配信

 電通(石井直社長、本社=東京都)の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は、中南米最大の広告市場であるブラジルにおけるブランドコマースの強化・拡充のため、当地の有力コンサルティング会社「Cosin & Associados Consultoria e Servicos de Informatica S.A.」(以下、コジン社)の株式100%を取得することで、コジン社の株主と合意した。電通が9月12日付で発表した。

 電通によると、コジン社はデジタルコマースにおけるシステムインテグレーション、事業やブランドの変革コンサルティング、データに基づくマーケティングといったブランドコマース領域を中心に、ブラジルの有力小売業や金融企業などにサービスを提供している。ブラジルでは、売上高上位25社のうちの7割が同社の顧客となっている。

サンパウロ新聞

最終更新:10/4(火) 4:34

サンパウロ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。