ここから本文です

ハイスタ16年ぶりの新譜は事前告知一切なしの緊急リリースで話題沸騰!「超かっこいい」「全国のCDショップ店員さんに拍手」

E-TALENTBANK 10/4(火) 21:20配信

本日4日、伝説のバンド・Hi-STANDARDの約16年ぶりとなる新譜「ANOTHER STARTING LINE」が、何の前触れもなく突然CDショップに入荷され、現在SNSや口コミで大きな話題になっている。

90年代にシーンを席巻し、日本のパンク・ロック史を塗り替えた彼らは以前からメディアにほとんど登場せず、インディーズで活動することの大切さを訴えてきた。それでも今回は徹底した情報統制が敷かれ、ノープロモーション。もちろん10月5日(水)の発売日は極秘で、配信など音源が表に出ることは一切なく、今回の4曲入りCDの発売は店頭のみ…というから驚きだ。

SNSではファンの驚きの声や歓喜の声があがっていたのはもちろんのこと、偶然CDショップに来た音楽ファンも「このご時世告知なしでいきなり店頭に新譜現品をぶち込むハイスタ超かっこいい」「どうやったらこの時代に、ここまで情報が漏れずに発売までこぎつけることができるんだろ」「この時代に情報を漏らさず貫いた全国のCDショップ店員さんに拍手」と大絶賛で、店頭の写真が次々に更新されて行くなど、日本の音楽シーンに一石を投じる結果となった。

Hi-STANDARDは難波章浩、横山健、恒岡章からなる3人組による全編英語詞のパンク・バンド。インディーズながらアルバムは100万枚ものセールスを記録し、シングルがオリコンチャート上位にランク・インするなど数々の記録を打ち立ててきた。また、サウンドだけでなく、1997年からパンク・ロックとストリート・カルチャーを融合させた大規模フェス「AIR JAM」を不定期開催しており、既に4年ぶりの「AIR JAM 2016」を12月23日(金・祝)に福岡ドームで開催することを発表している。新譜をリリースした彼らのステージに注目したい。

最終更新:10/4(火) 21:20

E-TALENTBANK