ここから本文です

【ブラジル】「タコ・ベル」 ブラジル1号店オープン=サンパウロ

サンパウロ新聞 10/4(火) 4:36配信

 タコスやブリート、ナチョス、ケサディーヤなど、テキサス風メキシコ料理を提供する米カリフォルニア州を本拠とするファストフードチェーン「タコ・ベル」(Taco Bell)のブラジル1号店が23日、サンパウロ市内南部イタイン・ビビ地区の「ブラスカン・オープン・モール」内にオープンした。

 同日付で伝えた伯メディアによると同店の運営会社は、2016年末までにさらに4店舗をサンパウロ市内のショッピングモール内にオープンさせるとしている。予定されているショッピングモールはアナリア・フランコ、センター・ノルテ、インテルラゴスという市内中心部から離れた3カ所と、在サンパウロ日本国総領事館などが入居する同市中心部パウリスタ大通りのトップ・センター。

 同社はさらに、20年までには約1億レアル(約30億円)を投じて合計25店舗を展開するとしている。ショッピングモール内のテナントだけでなく路面店もオープンさせる計画だ。

サンパウロ新聞

最終更新:10/4(火) 4:36

サンパウロ新聞