ここから本文です

バルセロナ、勝点13は2005年以来最悪 開幕スタートに失敗したが、そのシーズンの結果は……

theWORLD(ザ・ワールド) 10/4(火) 18:30配信

UCLとリーガの2冠を達成

バルセロナは7試合を終えて勝点13しか積み上げることができず、マドリードのライバルたちとセビージャの後塵を拝し4位につけている。

10月のインターナショナル・マッチウィークまでに勝点13なのは2005-06シーズン以来、最悪の結果だとスペイン『as』が指摘する。バルセロナは第7節、鬼門とする敵地バライードスでのセルタ戦3-4、第3節、昇格組のアラベスとの試合では大胆なローテーション起用で主軸を温存したスタメンで臨み1-2で敗れ、はやくも2敗を喫している。

リオネル・メッシを負傷で欠き、バルセロナは開幕スタートに失敗したように思える。だが2005-06シーズンのバルセロナはフランク・ライカールト監督のもとでロナウジーニョ、サミュエル・エトーを擁し、UEFAチャンピオンズリーグとリーガ・エスパニョーラを優勝して2冠を達成したシーズンだった。

バルセロナはインターナショナル・マッチウィーク明けの15日にデポルティボ戦、19日にはUEFAチャンピオンズリーグでジョゼップ・グアルディオラ率いるマンチェスター・シティと対戦する予定となっている。ルイス・エンリケの率いるチームはここから立て直せるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:10/4(火) 18:30

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。