ここから本文です

クロップチルドレン、レヴァンドフスキも太鼓判 リヴァプールは「マンCと優勝争いができる」

theWORLD(ザ・ワールド) 10/4(火) 18:43配信

好印象のリヴァプール

バイエルン・ミュンヘンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキは、ユルゲン・クロップ監督が率いるリヴァプールがジョゼップ・グアルディオラのマンチェスター・シティとともにプレミアリーグを優勝する本命の一つだと感じているようだ。

ドルトムントでは4シーズンに渡ってクロップのもとでプレイしたレヴァンドフスキは「リヴァプールはクロップのもとで優勝争いができる。ペップのマンチェスター・シティを相手にするのは簡単ではないけれど、リヴァプールにも本当にチャンスがある。クロップがリヴァプールを指導してから選手たちが楽しんでプレイしてるのがわかる。彼を父親のように信頼しているからチームのためのプレイができるようになるんだ」と語っている。英『METRO』が伝えた。

リヴァプールは第7節が終了した時点で5勝1分け1敗。第2節でワトフォードに敗れたもののここまでアーセナルと昨季王者レスター・シティに勝利し、首位マンチェスター・シティと勝点2差に迫る4位につけている。優勝争いをするためにも上位に食らいつきたいリヴァプールは、インターナショナル・マッチウィーク明けの15日にアンフィールドでマンチェスター・ユナイテッドとの大一番が待っている。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:10/4(火) 18:49

theWORLD(ザ・ワールド)