ここから本文です

伊代表“天才司令塔”、もう一人の天才の代表復帰を望む「彼の力が必要となるときが間違いなく来る」

theWORLD(ザ・ワールド) 10/4(火) 19:00配信

代表に呼ばれるためにも、今後も継続して結果が残せるか!?

“天才司令塔”と呼ばれるパリ・サンジェルマンのイタリア代表MFヴェッラッティが、もう一人の天才の代表復帰を願っているようだ。

アンドレア・ピルロの後継者として、司令塔での活躍が期待されているヴェッラッティは、1日に発表されたW杯欧州予選に挑む26名のイタリア代表メンバーに選出された。一方、かつて“天才ストライカー”と呼ばれ、イタリア代表の将来を担うと期待されていたニースFWマリオ・バロテッリは近年クラブチームで結果が残せず、代表からも遠ざかっている。

そんな中、ヴェッラッティが伊『Rai』のインタビューに応じ、バロテッリについて次のように語った

「バロテッリが再びゴールを挙げられていることが本当にうれしいよ。彼はまだ若いし、代表チームに多くのものを与えられると思う。今季、バロテッリはフランスに来て生まれ変わったね。ただ、まだ数試合だ。これでは不十分すぎるよ。イタリア代表にとって、彼の力が必要となるときが間違いなく来る。そのためにも、彼にはニースで己を磨き続け、さらなる活躍をしてもらいたいね」

今季公式戦で5試合に出場し、6ゴールを挙げる活躍を見せ、復活の狼煙を上げたバロテッリ。再びイタリア代表の一員としてプレイするときが来るのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:10/4(火) 19:00

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]