ここから本文です

今冬に補強しなければ危険だ “期待外れ“のチェルシーが興味示すリーガの4選手

theWORLD(ザ・ワールド) 10/4(火) 20:20配信

GKとDFは重要な補強ポイントか

チェルシーはアントニオ・コンテの就任でリーグ優勝も狙えるのではないかと期待されていたが、ここまでは現実の厳しさを見せつけられている。昨季混乱に陥ったチームがコンテの手腕1つで激変することはなく、現在首位マンチェスター・シティに勝ち点差5の7位となっている。

ここまでの戦いぶりでは、コンテの手腕というより選手の衰えが目立つ。スピードを失ってしまったベテラン組の最終ラインは深刻で、自滅ともいえるミスを連発してしまっている。その状況にコンテも我慢の限界を迎えたのか、英『Express』はコンテがリーガ・エスパニョーラでプレイする4選手に興味を示していると伝えた。

同メディアが挙げたのはセビージャGKセルヒオ・リコ、MFスティーヴン・エンゾンジ、バレンシアDFジョアン・カンセロ、そしてアトレティコ・マドリードFWアントワーヌ・グリーズマンだ。コンテは今冬にも選手の補強を求めているようで、この中から獲得される選手が出てくるかもしれない。

もちろんグリーズマンをシーズン途中に引き抜くなど不可能なミッションに等しいが、興味深いのはGKリコとサイドバックのカンセロだ。右サイドバックではブラニスラフ・イヴァノビッチの衰えが目立ち、もう1枚加えたいところだ。また、GKティボ・クルトワのパフォーマンスもよくない。先日にはコンテがトリノに移籍したGKジョー・ハートをチェックしているとの報道もあり、GKは早急に手を打つべきポジションの1つになっているのかもしれない。

コンテは3バックを採用するなど試行錯誤しているが、ミスが目立つ最終ラインに優秀な選手を加えられるか。今冬の補強は必須だろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:10/4(火) 20:20

theWORLD(ザ・ワールド)