ここから本文です

練習帆船「海王丸」出港 大さん橋、実習生118人乗せ

カナロコ by 神奈川新聞 10/4(火) 8:15配信

 横浜港大さん橋国際客船ターミナル(神奈川県横浜市中区)に停泊していた練習帆船「海王丸」が3日、実習生118人(うち女性13人)を乗せて日本沿岸の航海実習に出港した。

 函館や清水、門司、福山、名古屋などに寄港し、12月9日に東京に戻る長期航海。実習生らは教官らの指導を受けて船員となるための基礎技術やシーマンシップを身に付けていく。

 午後2時ごろ、海王丸が岸壁を離れると「帽振れ」の船長の号令で実習生が一斉に黄色い帽子を振った。大さん橋には保護者や帆船ファンらが訪れ、手を振って航海の無事を祈っていた。

 次男の裕喜さん(19)を送り出した三浦市の鈴木知子さん(50)は「大勢の人たちが見送ってくれる大さん橋から出港でき、息子たちもきっと誇らしいと思う」と話していた。

最終更新:10/4(火) 8:15

カナロコ by 神奈川新聞