ここから本文です

京都ヒストリカ映画祭にオスカー俳優

Lmaga.jp 10/4(火) 19:00配信

世界でただひとつの「歴史」をテーマにした映画祭『第8回京都ヒストリカ国際映画祭』が、11月2日~13日の12日間にわたって「京都文化博物館」(京都市中京区)で開催。その特別ゲストとして、オスカー俳優のトミー・リー・ジョーンズが来場することが発表された。

トミー・リー・ジョーンズは、1993年の映画『逃亡者』でハリソン・フォード演じるキンブル医師を追い詰める捜査官役として出演。アカデミー助演男優賞をはじめとする数々の賞を獲得した。以降も『メン・イン・ブラック』(1997年)、『告発のとき』(2008年)、『ジェイソン・ボーン』(2016年)などに出演。日本では、缶コーヒーのCMで「宇宙人ジョーンズ」として登場、10年以上にわたる人気シリーズとなっている。

今回の来日は、映画祭の特別企画として、彼が監督・主演をつとめた19世紀のアメリカ中西部が舞台の『ホームズマン』の日本初上映とトークショー開催によるもの。『メン・イン・ブラック3』のプロモーションワールドツアーでは唯一日本だけに参加し、なかでも京都が大好きという親日家の彼だけに、ほかでは聞けないスペシャルなトークが期待できそうだ。

トークショー付きの『ホームズマン』の上映は11月6日。チケット料金は2,000円(そのほかの上映作品別チケットは前売1,100円、当日1,300円など)。10月8日からチケットぴあで発売される。

最終更新:10/5(水) 10:30

Lmaga.jp

なぜ今? 首相主導の働き方改革