ここから本文です

日本最古のネオアコ・バンド“b-flower”初ベスト盤10月リリース

Billboard Japan 10/4(火) 15:10配信

 1990年代、ネオアコや渋谷系ムーブメントを支えた関西発のギターポップ・バンド、b-flower。初のベスト盤『the very best of b-flower』が、2016年10月26日にリリースされる。

 本作には「songs written between 1987 and 1998」とサブタイトルもつけられており、インディーズからメジャーを通してそれぞれ9枚リリースされたアルバム/シングルの中から、最新リマスタリングされた33曲と、2014年に再レコーディングされた2曲を加えた計35曲が収録される。

 また、ジャケットはサラ・レコードのサクランボのレーベルマークや、パステルズ、セントクリストファー等のジャケットカメラマンとしても知られるシュガーフロスト・レコーズ主宰の山内章子による写真を、クルーエル・レコードやトラットリア・レコードのCDジャケットデザインを数多く手がけた相馬章宏がデザイン。ネオアコ、渋谷系、イギリスインディーズファンには非常に興味深い出来上がりとなっている。

 今回のリリースに向けてアップされた「the very best of b-flower」特設ページ(http://bit.ly/2doEcf9)には、前述の山内章子やサラ・レコードのオーナーの寄稿に加え、数々の著名アーティストからコメントも寄せられている。



◎アルバム『the very best of b-flower』
2016/10/26 RELEASE
[2CD]XBCD-1050~51 / 3,132円(税込)
<DISC 1>
01. ペニーアーケードの年(ペニーアーケードの年 Version)
02. 日曜日のミツバチ(Bristol Version)
03. グライダーと長靴(Birth of the True Mix)
04. Bye Bye Canary Bird
05. 太陽を待ちながら
06. 静かにして、何もしない
07. リラの咲く日々
08. トゥッティ・フルッティ・アイスクリームが溶けて悲しい
09. Dear, 1984 年の僕(Clover Chronicles1 Version)
10. 始まる、もしくは そこで終わる
11. 35° 07′
12. Both Sides, Now
13. 冬の最後の雪(Clover Chronicles1 Version)
14. 完璧なキス
15. 何だかまだよく判らない(Single Mix)
16. Grocery Andromeda
17. North Marine Drive(Single Mix)
18. サトウカエデの下で(Original Version)
<DISC 2>
01. 太陽の雫(Single Mix)
02. Jet Jet Coaster(Single Mix)
03. Yeah!
04. 21世紀のダーウィン
05. 内緒にしよう〈Common Love In Suburbia〉
06. グレープフルーツ・スプーン・マン
07. 臨海ニュータウン(Acoustic Version)
08. 明星
09. 時空のバタフライ(Single Version)
10. ヒバリが鳴く頃に
11. コバルト
12. 蛍
13. 丘の人
14. October Song
15. 地の果てより発つ(Single Version)
16. 動物園へ行こうよ(2014 Kyoto Version)
17. 永遠の59秒目(2014 Kyoto Version)

最終更新:10/4(火) 15:10

Billboard Japan

なぜ今? 首相主導の働き方改革