ここから本文です

INORAN(LUNA SEA)ツアー【Thank you】46歳の誕生日にファンへ“Thank You”

Billboard Japan 10/4(火) 15:10配信

 INORAN(LUNA SEA)のツアー【INORAN TOUR 2016 -Thank you-<B-DAY LIVE CODE929/2016>】が、9月29日に新木場STUDIO COASTで最終日を迎えた。

INORAN(LUNA SEA)ライブ写真

 この日は46歳の誕生日ということもあり、平日にも関わらず会場には多くのファンが集まった。白Tシャツにジーンズと爽やかなスタイルで登場したINORANは、8月24日にリリースされた11thアルバムのタイトルトラックであり、これまでの全てに感謝を告げる「Thank you」を一曲目に披露。そして「ヘイ、東京!!」と煽ると、新曲「Get a feeling」に続いて「might never see, might never reach」を歌い上げ、「Wherever I go」では優しい歌声とアコースティックギターの音色で暖かな空間を生んだ。

 6年振りに新木場STUDIO COASTのステージに立ったINORANは、「40の俺に言ってあげたい。あんま頑張りすぎんなよって(笑)」と当時を振り返りながら、毎年恒例のバースデーライブを本日迎えられたことへの感謝を述べた。

 中盤では、ハッピーバースデーの合唱にのせてバースデーケーキが登場。会場中の祝福を受け、「One Big Blue」のブレイクにLUNA SEAの「TONIGHT」を挟み歌唱するなどのサプライズに沸いた。この日はINORAN本人の「46歳になった日のINORANを瞬間瞬間をファンのみんなに切り取ってもらいたい」との意向で、全曲撮影し放題という大盤振る舞いのライブであったが、撮影に固執するファンは少なく、目の前のINORANを脳裏に焼き付け、その音、光、空気を全身で感じ、受け止め、一心不乱にライブを楽しんでいた。

 「全身全霊で駆け抜けてきた【Thank you】ツアーで、素晴らしい景色を見せてくれたみんなに感謝です。物語はあるものではなく、人の手で紡ぐもの。また、次の物語まで……」と、最後に前作のラストナンバー「All We Are」を披露。ソロ20周年を迎える2017年については、「来年は小休止をしようと思う。またこの季節にみんなと会えると思うよ」との言葉も残し、喜びの日の幕は閉じた。

Photo by 菊池茂夫

最終更新:10/4(火) 15:10

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]