ここから本文です

米倉涼子、『ドクターX』“大門未知子”の大きさを実感「今後も大事にしていきたい」

クランクイン! 10/4(火) 15:30配信

 女優の米倉涼子が4日、都内で開催された連続ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』の制作発表記者会見に出席。「もはや米倉涼子が大門未知子じゃなくて、大門未知子があるから米倉涼子」と同役に対する思いを打ち明けた。

【関連】『ドクターX~外科医・大門未知子~』制作発表記者会見フォトギャラリー


 今秋の放送は、米倉演じるフリーランスの天才外科医・大門未知子を通じて医療現場を描く人気ドラマシリーズの第4期。腐敗が横行する現場、国内最高峰の「東帝大学病院」に大門が乗り込む。

 過去にブロードウェイ公演も経験した米倉は今回、ニューヨークでクランクイン。英語のセリフ回しは「長くてビックリしました。オペも英語。“なんてリスキーなことやらせるんだ”っていう」と撮影の苦労をポロリ。会見上では、勝村政信に「ボーッとすんな!」と大門節を披露する場面もあった。

 報道陣から、長年主役をつとめる『ドクターX』は自身にとってどんな存在か、と問われると「もはや米倉涼子が大門未知子じゃなくて、大門未知子があるから米倉涼子、みたいな感じになっているんじゃないか。道を歩いていても『あ、大門未知子だ』と言われることが多い。今後も大事にしていきたいです」と浅からぬ思いを語った。

 東帝大学病院の新副院長にして大門の敵となる久保東子役は、米倉と初の本格共演となる泉ピン子。「他局から、木曜9時、引っ越してきました」と挨拶して笑いを誘うと、「今までのセリフはほとんど『餃子ライス三丁』とか『ラーメン3つ』とか。そういうのが医療用語ばっかりで、これは観るもので、出るもんじゃなかったと後悔しています」と冗談めかして話した。米倉に関しては「外科医に見える。(手術の縫合の)結び方ウマいし、なんかあったらお願いしたい」と板についた医療テクニックを褒め称えていた。

 また「ミス・ワールド2013」の日本代表である田中道子は今回、西田の愛人秘書という役どころで女優デビュー。「『西田さんのアドリブはすごいから覚悟しておきなさい』と皆さんに言われていた。実際、本当にスゴくて。予想できないことも多くて、どんだけ準備しても付いていくのに必死。でも最後まで3ヵ月間付いていきたい」と意気込んだ。

 この日の会見には、共演の岸部一徳、生瀬勝久、内田有紀、滝藤賢一、草刈民代、吉田鋼太郎、西田敏行らも出席。終盤には、リオ五輪の柔道90kg級で金メダルを獲得したベイカー茉秋がサプライズ登場。米倉と花束を交換し合った。

 連続ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(毎週木曜21時)は、テレビ朝日系にて10月13日より放送開始(初回は15分拡大スペシャル)。

最終更新:10/5(水) 0:47

クランクイン!