ここから本文です

QOTSA、アット・ザ・ドライヴ・イン、マストドンらによる新バンド「Gone Is Gone」がデビュー・アルバムを来年1月リリース、新曲公開

RO69(アールオーロック) 10/4(火) 13:50配信

クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ、アット・ザ・ドライヴ・イン、マストドンのメンバーによって結成された新バンド「Gone Is Gone」が、デビュー・アルバム『Echolocation』を来年1月6日にリリースすることがわかった。

同アルバムは今年7月にリリースされたバンドのデビューEP『Gone Is Gone』に続く初のフル・アルバムとなる。アルバムのリリースに先駆け、同新作収録のナンバー“Sentient”の音源が公開された。

音源はこちらから。
http://www.youtube.com/watch?v=l5PyweqIDkA

『Echolocation』のティーザー映像はこちらから。
http://www.youtube.com/watch?v=8_RpnQxB6b4

『Echolocation』のトラックリストは以下のとおり。

01. Sentient
02. Gift
03. Resurge
04. Dublin
05. Ornament
06. Pawns
07. Colourfade
08. Roads
09. Slow Awakening
10. Fast Awakening
11. Resolve
12. Echolocation

「Gone Is Gone」のメンバーは以下のとおり。
Vocals/bass : トロイ・サンダーズ(マストドン)
Guitars : トロイ・ヴァン・リューウェン(クイーンズ・オブ・ザ・ストーンエイジ)
Guitars/keyboards : マイク・ザリン
Drums : トニー・ハジャー(アット・ザ・ドライヴ・イン/スパルタ)

RO69(アールオーロック)

最終更新:10/4(火) 13:50

RO69(アールオーロック)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]